×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

川口陽海 腰痛セルフケアプログラム

サイトマップ

川口陽海の「腰痛セルフケアプログラム」

川口陽海の「腰痛セルフケアプログラム」は口コミで評価の高い腰痛改善法です。
腰痛を改善する為には病院で痛み止めをもらい、針や整体を欠かさずに続けないといけない・・・
ひょっとしたら手術をしても治らないかもしれない?そんな風に考えていませんか?

でも最近は、自宅にいるちょっとした時間を使って腰痛を自分自身で無理なく解消している人もいるんですよ!

>>自宅で腰痛改善できる?!


川口陽海先生が言うには、腰痛は自分で治すこともできるのです。むしろ腰痛は自分で治すのが一番です!と言われています。


川口先生の腰痛セルフケアプログラムは口コミで高い評価を得ているのですが、知らない方の著書だし、簡単には信じられない!というのも道理かもしれません。。

川口陽海トレーナーは腰痛が治る理由 治らない理由という無料レポートを発行されているので、まずはレポートをチェックしてみては如何でしょうか?

かなり参考になりますよ!

>>腰痛セルフケアプログラムをチェック!

腰痛体操

腰痛体操を紹介します。自宅で簡単にできる腰痛体操です。毎日無理のない範囲で続けましょう。あおむけの姿勢で床に寝て、右ひざを胸に近づけ、両手を抱える。頭は膝を見るようにして、幾分静止。

→左足も同等に。左右5回ずつ、2〜3セット。→床に寝て、腰をねじるように右足を左脚の向こうへ移動させて静止。

→左足を右足の向こうへ移動。これを5回ずつ、2〜3セット。

立った姿勢で壁と並列に立ち、壁に手をあてる。かかとを持ち上げて静止し、元に戻す。これを15回行う。
川口陽海の腰痛セルフケアプログラム

腰痛対策クッション

腰痛対策、さまざまありますよね、皆さんさまざまな腰痛対策を見つけ出し、ちょっとでも改善しておきたいものですよね。腰痛に悩む人のほとんどは、筋肉疲労や血行不良、あるいは、骨格のゆがみなどが理由だといわれているのです。ストレッチ(体が硬い人でも継続して行うことで、徐々に柔らかくなっていくでしょう)や体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)で筋肉を柔らかくしてたり、診療所で電気治療や牽引治療をしてもらったり、ベルトやマットレスなどの腰痛対策は、ある程度共有で、まずはそれらの理由を取り除く事が大事と言う事ですねね。

血行不良をはじめ、こうした要因には、やはり日頃の運動不足が大きく関連しているのは確かみたいです。でも、スポーツ選手だって腰痛に悩まされ、様々な腰痛対策を取っていらっしゃいますよね。


腰痛対策なんて必要なさそうな健康優良児のスポーツ選手でも、腰痛対策が必要という事は、ただ単に運動不足(ジョギング、ランニングが流行していますが、これまであまり運動していなかったのにいきなり長時間赭ったりすると、膝の故障などが起こってしまいます)だけが腰痛の理由と言う訳ではなさそうです。事実、腰痛対策だと言って、ストレッチや体操をしたために、余計に苦しみが増し、歩けなくなたという人も少なくありません。

ではでは、血行不良(血液の循環が良くないことをいいます)や筋肉疲労(筋肉疲労が起こるメカニズムはまだはっきりとはわかっていないようです)、或は骨格のゆがみなどは、どうして起るのでしょうか?

それが解れば、ある程度的確な腰痛対策も見えて来るのではないでしょうか。でも、実際にクッションを用いる事が、腰痛対策の第一歩なのではないかと思って、調べてみました。すると、筋肉疲労や血行不良(冷え性や免疫力の低下にも繋がるでしょう)は、同じ姿勢を長時間取り継続することによって、また、骨格のゆがみは、日頃の姿勢の悪さが招く事が多いという事が判明。と言う事は、姿勢を見直す事こそが、腰痛対策に繋がるのでしょうか。




腰痛対策のためにクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)の使用は、とても良い事なのだそうですが、問題は腰痛対策のクッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)の素材。実際の腰痛対策クッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)の多くは、低反発のウレタンだと、体の浮き沈みをゆっくりと繰り返すので、体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)が分散されて、衝撃も吸収されますから、立派な腰痛対策になる訳ですね。

柔らかいクッションというものは、座り心地はいいように見えますが、腰痛を助長しかねないのだそうです。その点、低反発のウレタンを使ったクッションだからといって、必ずしも高価な品ばかりではありません。中にはお手頃価格の腰痛対策クッションも、沢山市販されています。腰痛を取り上げたブログやサイトでは、さまざまなクッションのさまざまな特色を紹介してくれていますから、購入時のとても良い参考になるでしょうよ。みなさんも、是非自分の腰と財布にあったクッションを見付けて、快適な腰痛対策に勤しみましょう。

「川口陽海の「腰痛セルフケアプログラム」」について

川口陽海さんの提唱する「腰痛セルフケアプログラム」は病院に行かなくても腰痛を改善できると口コミ評価の高いプログラムですね。
何年も通院する辛さが改善されると聞けば、詳しくチェックしてみる必要があるでしょう。